本文へ移動

コラム

RSS(別ウィンドウで開きます) 

みちしるべ

2017-03-02
 3月に入ると春を感じることも多くなる。陽ざしも少しは暖かくなるし、春に咲く花も芽吹く。それでも、まだ雪が降る日もあるから、冬用タイヤはまだまだ交換できない▼先日行った三朝町の山間部には多くの雪があった。県道鳥取鹿野倉吉線は、鳥取市と倉吉市を結ぶ幹線道路で、佐谷峠のアップダウンは難所。新緑や紅葉の時期は、まさに絵のような風景が続くが、豪雪の冬場は雪崩で通行止めになることもあり、峠の往来は避ける▼この道路沿いは投入堂で有名な三徳山。そして、県道三朝中線に入ると中津渓谷。峠を下れば三朝温泉がある県内有数の観光地だ。一年中、観光客を呼び込むには、冬場の交通アクセスなど道路を中心にしたハード面の充実が欠かせない、といつも思う。

みちしるべ

2017-03-01
 「ごみ処理の問題は住民の安心安全、文化的生活の裏側の問題であり、避けては通れない問題。この問題の対処には大きなコストもかかる。少し時間をかけてでも良い選択をしたい」と県西部のごみ処理のあり方検討会が4月発足する▼可燃ごみ処理施設、不燃ごみ処理施設、一般廃棄物の最終処分場それぞれを西部広域で整備して行かなければならないという現実は、まさしく眼前に立ち塞がる巨大な壁だ。可燃、不燃ごみ処理施設の稼働予定は2032年、一般廃棄物の最終処分場は29年稼働目途とされる▼一見してまだ時間がありそうに見えてもそうではない。最終処分場確保にしても環境影響調査など様々な手続きを経て工事実施期間を考えれば最低でも10年は必要とされるのが一般的見方。「少し時間をかけて」の「少し」も限られているのが実態だ。

みちしるべ

2017-02-28
 運転中の携帯電話・スマホ操作は、道路交通法違反。が、着信音が鳴り響くと、つい気を取られてしまう。特に、信用と時間が勝負のビジネスがからむと気になる。しかし、注意一秒・けが一生。メール一秒・事故一生▼県警がまとめた2017年1ケ年間の運転中の携帯電話(スマホ)操作摘発件数は4878件と16年の3758件と比べて1120件も増加し、この内、人身事故は8件発生しているという▼明日から3月。工期末を迎える現場が多く慌ただしい時期に入る。3月は年度末労災防止強調月間。着信音に気を取られることなく、安全意識を一層確認して欲しい▼便利さの中に潜む魔物(マー自分は大丈夫だ、という油断)の中に、目に見えない危険な悪魔が襲いかかってくる。事が起こってからでは遅い。安全第一。

みちしるべ

2017-02-27
 官民で立ち上げた「日野郡除雪専門検討会」は第1回目の会合ということで、出席者の顔合わせや検討会の方向性を再確認した。同会は道路維持WGに属する組織として、行政だけでなく除雪を請け負う業者や個人、日野建設業協会をメンバーに加え、除雪の課題を抽出し実効性のある対応を検討していく▼これまで県と3町は減少していく除雪オペレータの人材及び育成を確保するため資格取得支援や技能向上研修を実施し一定の成果を出した。検討会では、業者から出された意見に対し、どこまで行政が応えるのか注目したい。▼住民の安心・安全を守り、持続可能な除雪体制を構築するためにも官民が一体となり、受託契約の在り方や業務内容の検討など諸問題の改善に期待がかかる。

みちしるべ

2017-02-26
 17日間の熱戦が繰り広げられた平昌五輪が昨日閉会した。中でも、日本のメダルラッシュには多くの国民が熱狂。2年後に控えた東京五輪への期待も自ずと高まる結果となった▼東京五輪では、新たにスポーツクライミングなど5競技18種目が追加種目として採用。それに先駆け、今年11月にはスポーツクライミングのアジア選手権大会が倉吉市で開催される▼その会場となる予定の倉吉体育文化会館では、クライミング施設の設置工事が急ピッチで進む。今回の整備でスポーツクライミング3種目(スピード・リード・ボルダリング)の設備全てが揃うことになるが、これは全国初▼日本代表選手を毎年のように輩出する鳥取県。育成環境を整えて、鳥取から世界へ羽ばたけるか。

みちしるべ

2017-02-23
 「お客様は神様です」。歌手の故三波春夫さんじゃないけど、「やはりそうなんだよ」。先日、東部地区のある設計事務所の関係者がこうつぶやいた▼県もAランクの建築設計の入札に総合評価方式を導入するが、まだ実施例がないため、どうもまだ「どうなるか」イメージが湧かないようだ▼3月にも入札するビジターセンターの西側拠点整備(鳥取市浜坂)の設計がどうも適用第一号になりそうだが、工事関係の状況を見れば、ぼんやりと結論は見える▼関係者のつぶやきは、総合評価のことではない。最近、あまり耳にしないコンペやプロポのこと。ある一冊の本を読んで、目から鱗が落ちたという。これまで独りよがりで、お客様目線が失われていたと自省する。顧客満足。そうすれば女神がほほ笑むか。

みちしるべ

2017-02-22
 県内各自治体の首長、議員選挙が続く。首長の無投票は珍しくないが、境港市議員の無投票は、ついに市部でも、と話題になった。候補者が政策を訴え、住民が意思表示する機会が奪われると懸念する声がある▼理念はともかく現実を見れば、人口減少が続く地方で候補者不足となるのは自然な流れ。活気がない、と嘆いても仕方がない。地域間対立や利権争いの投票で、しこりが残るくらいなら無い方がいい▼議員定数削減を求める声もよく聞く。財政状況や、ある種の議員を見ると、削減したくなる気持ちも分かる。しかし、それではさらに風通しが悪くなり少数意見も反映されない▼人口減少が進めば、ネットもあるし、直接民主制も現実味を増す。従来の枠組を抜けた試みができないか。

みちしるべ

2017-02-21
 20日に予定されていた鳥取市の2件の入札はともに参加者が1社もなく中止となった。土木D級工事のため指名業者数は15社だったが、全社が辞退または欠席した▼鳥取市の入札で中止になるケースは数年前から散見されているが、今年は特に目立つようになっている。昨年12月は4件、1月は9件、2月は20日までに8件が入札中止になっている▼12月以降中止となった21件の内17件が土木D級向け工事だ。災害復旧工事を中心に今年度はまだ土木D級向け工事の発注を控えているが、どうなるかはおよそ見当がつく▼市民の安全・安心を守るためにも災害復旧工事を円滑に進めることは、行政の大切な使命であり、建設業の役割だ。一刻も早く解決策を望みたい。

みちしるべ

2017-02-20
 今年は明治維新150年だそうだ。NHKの大河ドラマは維新の立役者の一人の西郷隆盛を主人公とした「西郷どん」である▼維新の先導役だった薩・長・土・肥の各藩の県を中心にイベントが計画されている。観光客を呼び込む仕掛けとも思えるが、これを機会に幕末、維新を勉強するのも良いかもしれない▼歴史学者の磯田道史氏は自著の中で戦国時代の信長・秀吉・家康と幕末長州の松陰・晋作・有朋(山県)とを比較し、革命の三段階として果たした役割の類似性を挙げており、面白かった▼さて、役割といえば、世の中がどう変わろうが、建設業は地域の基幹産業である。今冬の凍雪害に対しても対応したのは建設業界であり、「地域のために」という思いがしみじみと伝わってくる。

みちしるべ

2017-02-19
 県の18年度当初予算案は前年度比3%減の3386億円が固まった。土木公共事業費は同じく3・9%減の415億円。財政健全化目標の達成に向けてかなり絞り込まれた▼国予算の枠組みで、公共事業費は全体のわずか6%に過ぎない。一方で少子高齢化によって毎年、増加の一途をたどるのが社会保障費。公共事業費の5倍を上回る▼よく考えてみれば、身近な道路整備や河川改修により住民の安全を守る公共事業は、=(イコール)生活の安心を守る社会保障と同じに捉えられる。一体で財源を運用することはできないものか▼社会基盤の整備は、福祉サービスどころか経済・産業を含めて広く社会活動を下支えしている。ここは視点を変えて税金の使い道について深く考えてみたい。
2019年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休刊日
有限会社日刊建設工業新聞
〒683-0047
鳥取県米子市祇園町2丁目33-13
TEL.0859-32-1771
FAX.0859-39-0421
TOPへ戻る