本文へ移動

大切なお知らせ

倉吉支社移転のお知らせ(19年8月9日更新)

拝啓 立秋の候 読者の皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さてこの度 弊社は皆様に長らくご愛顧いただきました倉吉支社が手狭となったため、九月一日をもちまして一時移転することと相成りました。現在、他に候補地を探しておりますので、決まり次第お知らせ致します。なお移転期間中の問い合わせ等につきましては、鳥取支社で承ります。ご不便を御掛け致しますが、今後とも倍旧のご支援、ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 敬具
令和元年八月吉日
日刊建設工業新聞 代表取締役 松本紳一郎
■移転期間中の問い合わせ先
鳥取支社:〒680-0845 鳥取市富安2-159 TEL(0857)22-6223/FAX(0857)37-1187

本紙購読者様へ(19年7月18日更新)

 2019年度版「発注機関名簿」「建設ファイル」を公開しております。ログイン後、画面上部メニュー「データダウンロード」にカーソルを合わせ、表示されたドロップダウンリストから該当のページへお進みください。

きょうの紙面

9月 19日(木)

サイクルコース全線決定で 中部以東に路面標示を設置 県土整備部が近く設計着手
東洋JVが懸垂幕寄贈
鳥取市幸町の鳥取市新本庁舎建築工事を施工した東洋・大和・やまこう・懸樋JVは、市制130周年と新本庁舎の開庁を祝い懸垂幕を寄贈した。
 
エアコン工事を近く
県東部建築住宅事務所は、林業試験場本館冷暖房設備改修・高架水槽更新工事と県立福祉人材研修センターエアコン更新工事を近く発注する。
 
中部総合が10件を公告
県中部総合事務所は、倉吉未来中心レストラン冷暖房設備改修工事など10件の調達条件を17日までに決めた。きょう19日に公告する。
 
北条用水路詳細設計へ
県中部合事務所農林局は、耐震化などを計画している北条用水路の再整備の詳細設計に入った。総事業費6億4000万円で庫年度から整備に入る。
 
フィデア社長に武良氏
フィディア(米子市)は、このほど開いた株主総会、取締役会で武良靖之氏が取締役社長に就任し、福井龍介社長が代表取締役会長に就任した。

9月 18日(水)

あと施工アンカー 研修会に42人参加 電工組合米子
第4回合同研修会開催
第4回山陰両県コンクリート診断士会の合同研修会が松江市で開かれ、県診断士会の江原恭二副会長らが講演した。各県持ち回りで開催している第4回目の合同研修会には、県診断士会から奥村智洋会長ら15人が参加。
 
エアコン整備10月にも
倉吉市は、市内の小学校13校、中学校5校のエアコン整備工事の発注準備を進めており、順調にいけば10月頃にも工事発注、入札する。
 
工事・業務を9件近く
鳥取市は、土木A級向けの平成30年災市道松上2号線道路災害復旧工事(単災)など工事7件と業務2件を近く発注する。
 
倉吉で勉強会を開催
県コンクリート診断士会(奥村智洋会長)は12日、「実験方法、データの採取方法、データ解析」などをテーマにした勉強会を倉吉市で開いた。
 
80人で防災講習会開く
あいみ手間山地域振興協議会は町内全域を対象にした防災講習会を「富有まんてんホール」で14日に開いた。米子県土局などから6人の講師を招き、約80人が聴講。

9月 17日(火)

2億円で復旧計画固める 林道赤井谷線の融雪災害 19~20日災害査定を実施
金額・件数ともに増加
4-8月期の県内公共工事は、請負金額534億円、件数1025件となり、前年同月を上回った。西日本建設業保証の調べで分かった。
 
河上Ⅱ期工区改良など
日野県土整備局が工事5件を発注する。国道183号河上Ⅱ期工区は工事費1.7億円と大規模に。
 
景気予測「上昇」
県内法人企業による7-9月期景気予測は「上昇」超に転じた。財務省鳥取が調査結果を公表した。
 
労災防止を注意喚起
西部地区の工事関係者連絡会議が開かれ、米子労基署が労災の発生状況を説明して情報を共有した。
 
土木学会が参画
県の開発研究中のインフラ維持管理システムを支援するため、土木学会が委員会を設置する。社会実装に向けて学会の技術的サポートが期待される。

9月 13日(金)

一般会計26・6億円の補正案を提案 園外活動ルート安全対策 産廃処分場調査設計など 9月県議会が開会
若手経営者が意見交換
鳥取県測量設計業協会・次世代を担う経営勉強会(山本賢一郎代表)と広島県測量設計業協会青年部(平賀勝秀部会長)との意見交換会が6日に広島市で開かれた。
 
若手技術者など対象に
県産業人材育成センター倉吉校は11日、アサヒコンサルタントの社員4人を講師に招き、若手技術者などを対象にしたGNSS測量講習会を開いた。
 
ドローン講習会を開催
美保テクノスは、UAV(ドローン)に関する法規及び関連事項講習を11日に開き、使用機会の増えてきたドローンに関する法規などについて勉強した。
 
まず月内に解体工事
智頭町は今年度、「富沢地区コミュニティセンター」を旧富沢小学校跡地に建設する。9月内にも旧富沢小の解体工事、今秋中にコミュセン施設の新築工事を入札する。
 
KYT研修に95人参加
県労働基準協会西部支部は12日、KYT(危険予知訓練)研修を開き、「ゼロ災運動のめざすもの」などの講義、実演が行った。95人が参加。

9月 12日(木)

国道181号改良工事を発注 江府町新庁舎前に右折レーン 日野県土局
坂原工区を供用
県八頭県土整備事務所が2014年度から1億8000万円を投入して整備を進めてきた県道津山智頭八東線「坂原工区」が供用開始された。
 
用瀬支所改修を公告
鳥取市は、用瀬町総合支所耐震補強及び大規模改修・増築(建築)工事を公募型指名競争入札として公告した。申請書の提出期限は20日。
 
鳥取市が13件を近く
鳥取市は工事9件と業務4件を近く発注する。アスファルトA級1件、土木C級5件、土木D級3件、土木コン2件、測量1件など。
 
布勢公園トイレ改修
県東部建築住宅事務所は、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパークの多目的トイレのバリアフリー改修工事を近く発注する。
 
各県土が大量公告
県土整備部、中部県土局、西部県土局、日野県土局が合わせて50件を調達公告した。西部県土は21件、中部は16件の大量発注。

9月 11日(水)

県入契審 不服申し出一部を認める みたこ土建の異義申立 工事成績を上方修正へ
森林土木優良工事5社
県森林土木連絡協議会の森林土木優良工事2019年度表彰者に5社が選定された。治山工事部門4社、林道工事部門1社で、24日に倉吉で表彰される。
 
一級建築士学科に13人
2019年一級建築士試験学科試験の合格者が10日発表され、県内では13人が合格した。実受験者74人に対する合格率は17・6%で、18年度の合格率21・4%を下回った。
 
南大山大橋4億で落札
県土整備部は10日、県道如来原御机線(南大山大橋)橋梁補強工事(2工区)を入札、IHIインフラ建設が3億9560万円で落札した。
 
28億円12月18日入札
中部ふるさと広域連合は、ほうきリサイクルセンターほか包括運転・維持管理業務を公告、12月18日に入札する。予定額は28億9949万5500円(税込み)。
 
鳥取市の優良工事決定
鳥取市の2019年度優良工事8件が決定した。表彰式は10月23日に新庁舎で行う。対象は2018年4月1日から19年3月31日までに完成検査を受けた工事。

9月 10日(火)

鳥取屋内プールを全面改修 県営繕課が設計を近く発注
一期工事を近く発注
県産業技術センターは、電子・有機素材研究所個別空調更新工事(第一期)の発注準備を進めている。9月中旬には一般競争入札を公告する予定。
 
福米東小で防災学習
日本技術士会県支部(伊藤徹支部長)は米子市立福米東小学校であった防災学習会に講師として招かれた。小学生を対象にした防災学習は初めて。
 
霜村芳照氏の叙勲祝賀会
令和元年という記念すべき年の春の叙勲で、木材業振興功労として栄えある旭日双光章を受章した霜村芳照氏(久大建材社長)の受章祝賀会がホテルニューオータニ鳥取で開かれた。
 
浜坂小屋内運動場を公告
鳥取市は、鳥取市立浜坂小学校屋内運動場増改築(建築)工事を総合評価型一般競争入札(特別簡易型)として公告した。
 
三朝町9月議会開会
三朝町の9月定例議会が9日に開会し、一般会計補正予算案など21議案が上程された。会期は20日までの12日間。補正予算案は1億円。

【入札予定ガイド】

9月19日(木) ▽国交省鳥取2件▽県中部総合事務所8件▽県警察本部1件▽倉吉市11件▽県西部総合事務所10件▽県東部農林事務所1件▽県鳥取県土整備事務所9件▽警察庁鳥取情報通信部1件▽琴浦町8件▽県日野振興センター6件▽県立厚生病院1件▽鳥取市水道局1件

【新着情報とお知らせ】

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休刊日
有限会社日刊建設工業新聞
〒683-0047
鳥取県米子市祇園町2丁目33-13
TEL.0859-32-1771
FAX.0859-39-0421
TOPへ戻る