本文へ移動

重要なお知らせ

「発注見通し」随時更新中(22年4月7日更新)

 各発注機関の新年度発注見通しを、本Webサイトにて随時更新・公開しております。右カラム「ログイン」ボタンから読者会員様専用ページに遷移したあと、上部メニュー「データダウンロード」にカーソルを合わせ、「発注見通し」をご選択ください。機関ごとにPDFファイルで一覧できますので、ご活用いただけまずと幸いです。

無料電子版公開のお知らせ(22年2月15日更新)

 郵便法改正に伴う日本郵便の配達日程繰り下げを受け、2月15日から無料ホームページ会員様向けに新聞電子版機能を公開いたしました。画面右、緑色の文字が書かれたボタンからログイン画面へお進みください。
 公開は基本的に発刊前日の正午ごろとなります。以下に発刊フローの一例をお示しいたしますので、ご参考いただければ幸いです。

(例)
・2月15日/2月17日付け発刊の新聞を制作、発送

・2月16日/正午から無料電子版公開

・2月17日/紙の新聞が到着

 ログインID・パスワードを紛失された場合は再発行いたしますので、お気軽にお問い合わせください。なお現在、無料電子版はログインIDが「100」から始まるアカウントを対象に開放しております。また閲覧可能な期間は次号の公開までとなっておりますので、ご注意ください。

ウイルスメールにご注意ください(22年1月21日更新)

 平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
 現在、弊社名義を装った発信元から不審なメールが届く事例が報告されています。弊社から電子メールを介して御請求書をお送りすることはありません。該当のメールは何らかの手段で取得したメールアドレス等を用いて、送信元を詐称しているものと思われます。20年秋に全国的に流行し、県内でも発見が相次いだマルウェアと類似点が見られ、21年11月に同マルウェアの活動再開が報告されていることから再流行も懸念されます。
 添付ファイルや本文中のURLの閲覧が不正な挙動の引き金になるケースが多く、不審なメールに遭遇した場合は開封を控えるようお願い致します。
日刊 建設工業新聞

請求書電子化に対するよくあるお問合せ

【今まで通り紙での請求がいいです】
紙でのご請求も可能ですので、弊社メールアドレスまたはお電話にてご連絡ください。
 
【電子請求の初回の日付はいつですか】
12月1日以降発行の請求書は全て電子化となります。
 
【毎月の締め日、発行日はいつですか】
現在の紙の請求書と変更ありません。
 
【既に他社と利用しているが、IDをもう一つ作成しなければなりませんか】 
既にお持ちいただいているID・PWを画面にご入力いただければ一つのID・PWでご対応いただけます。
 
その他ご質問、問い合わせ等ございましたら弊社メールアドレスまたはお電話にてご連絡ください。
※問い合わせが殺到した場合は回答までにお時間いただく場合がございます。
 
 

【入札予定ガイド】

5月30日(月) ▽倉吉市6件▽境港市4件▽伯耆町2件

きょうの紙面

5月 30日(月)

耐震補強工事に入る鳥取砂丘線・浜坂江津橋
PC2社JVは1.8億円
 県鳥取県土整備事務所は、県道鳥取砂丘線・浜坂江津橋の耐震補強工事の設計図書を固めた。きょう30日の審査会で調達条件を決め、6月1日公告する。対象はPC2社JVで工事費は1億8100万円。6月中旬以降に制限付き一般競争入札(価格競争)する。

 このほか、以下の内容を詳報ー▼中国地方初の嵩上げ事業推奨ブラウザ変更に注意駅南広場造成は6月公告美保・境港土建が候補に

5月 27日(金)

連携協約を結んだ締結式
鳥大など2者と連携結ぶ
 県土整備部は24日、インフラ整備の技術協力を目的とした連携協約を鳥取大学、県建設技術センターと締結した。インフラ整備のための技術共有、公共施設の長寿命化のための情報共有など、整備、維持管理に向けて3者が連携して取り組んでいく。

 このほか、以下の内容を詳報ー▼八日市橋など発注へ県土整備部が30日公告山田川堰堤は改築設計上サコ川堰堤など公告

5月 26日(木)

県建設業協会が22年度定時総会を開催(写真=新たに就任した理事)
新会長に井木氏が就任
 県建設業協会(由宇正実会長・会員276社)の2022年度定時総会が23日、米子市久米町のANAクラウンプラザホテル米子で開かれた。総会には委任状含め245人が出席。理事・監事の選任では、井木組の井木敏晴氏が新会長に就任した。

 このほか、以下の内容を詳報ー▼優良工事7社に表彰状清掃センター解体公告県5月補正案は153億円消融雪保守25社認定

5月 25日(水)

整備の最終ステップに入る高度衛生管理型市場(境港市昭和町)
カニ籠上屋増築改修発注へ
 境漁港高度衛生管理型市場整備事業で県営繕課は23日、完成間近に迫った荷さばき所の2号上屋に次いでカニ籠上屋増築工事(境港市昭和町)の設計内容をまとめた。30日に公告して入札手続きに入る。工事費9億6000万円。建築は2工区に分割、電気、機械設備をそれぞれ分離発注する。

 このほか、以下の内容を詳報ー▼国交省日野川が見通し自然の家跡計画はアサヒ新会長に井手添氏選出藤田警備協会長が続投

5月 24日(火)

改修工事に入る松谷第3ため池(琴浦町松谷)
松谷第3ため池の改修
 県中部総合事務所農林局は農村地域防災減災事業の一環で、今年度から松谷第3ため池整備の改修工事に着手する。今夏に工事用道路。今冬には大掛かりな本体工事を発注する見通し。

 このほか、以下の内容を詳報ー▼日野県土が8件公告へ佐治川ダムはA級で天神歩道橋は塗装に坂原で治山計画

5月 23日(月)

総額15.4億円が確保された国道313号倉吉関金道路
「5月補正」案は36.9億円に
 県土整備部は19日、総額36億9700万円の「5月補正」概要を固め、県議会主要各会派に説明した。国予算の配分を踏まえ、県の当初予算に上積みする。5月補正案は今後、31日開会予定の5月定例会に提案する。

 このほか、以下の内容を詳報ー▼皆生照明新設は30日アンカー工1.3億発注2園建替えで市場調査交差点予備設計に着手

5月 20日(金)

トラック舗装が全面的に張り替えられる布勢競技場(鳥取市布勢)
トラック舗装全面張り替え
 ヤマタスポーツパーク(鳥取市布勢)の布勢陸上競技場トラックが全面リフレッシュされる。県は世界レベルの大会招致を継続していくため、摩耗したトラック舗装を全面的に張り替える。6月初めに工事発注し、年度内の完成に持ち込む。

 このほか、以下の内容を詳報ー▼福米西小建築2件公告鳥取県土が大型委託雨水ポンプ場を夏頃に広岡ため池は今冬にも
2022年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休刊日
有限会社日刊建設工業新聞
〒683-0047
鳥取県米子市祇園町2丁目33-13
TEL.0859-32-1771
FAX.0859-39-0421
TOPへ戻る