本文へ移動

コラム

RSS(別ウィンドウで開きます) 

みちしるべ

2019-07-29
先月、東京で建設トップランナーフォーラムが開催された。14回目となる今年は、鳥取県と島根県の企業が運営を担当し、美保テクノスの野津一成社長が実行委員長を務めた▼運営するトップランナー倶楽部は、夢を持って新事業、新しい建設業に挑戦する建設業経営者の集まり。今年のテーマは、「原点回帰―復業で地域を支える」だった▼フォーラムでは、農業などへの復業化、高齢化社会を支える地域建設業の取り組み、再生可能エネルギー・環境事業への進出など新しい取り組みの成功事例が紹介された▼地域の建設業者の中には、復業化に成功した例がいくつもある。共通するのは建設業の技術力や機動力など、自社の強みを活かしたことだ。建設業には無限の可能性が秘められていると改めて感じさせられた。(鷹)
 

みちしるべ

2019-07-26
コンサル向けの改正総合評価は、開札が始まって約1カ月。全般に業務の金額帯によって入札する企業は上位と下位に二極化し、1件当たりの応札者数が少ない▼受注減点は業務1件ごとに加わり「少しでも大きいものを」と、地域密着型(500万円未満)では500万円に近い仕事に狙いを定める。簡便型(500万円以上)でも、1000万円未満のものには二の足を踏む傾向がみてとれる▼各社が売上高を重視するばかりに、各々得意分野の技術力を活かした入札には程遠い。いっそのこと500万円未満は価格競争。1000万円を境に地域密着型と簡便型に区分し、受注金額によって減点する方法もありか▼上半期までの入札をみて県は検証作業に入るが、「何をどうしたいのか」―業界内でも原点に立ち戻ってよく考えてみたい。(鷲)

みちしるべ

2019-07-25
ローマオリンピック(1960年)のマラソン。無名のアベベ・ビキラ選手(エチオピア)が裸足で完走し金メダルに輝いた。世界中が驚いた▼次の東京大会(昭和39年)でも優勝、2大会連続で金メダルを獲得。円谷幸吉選手は健闘し銅メダル。悲惨な事故の後遺症、自殺。二人とも最期は悲運だった▼アベベ選手は、エチオピアの貧農に生まれた。オロモ族は人口の40%を占めていたが、アムハラ語系からは、「上から目線」で蔑まれた。下層から脱却を図るべき皇帝の親衛隊を目指し、運よく採用される▼才能とコーチに恵まれ、やがて頭角を現す。「貧しい国なので(略)どこへいくにも誰も足だけが頼り。四〇キロを走るなどたいしたことではない」(優勝会見)と。あらゆる「格付け」は、差別に非ずか。(雉)

みちしるべ

2019-07-24
10月から消費税が10%に引き上げられることが確定的となった。同時にキャッシュレス決済でのポイント還元が始まることからスマートフォンのQRコードを活用した「○○ペイ」と名の付く決済方法が乱立している▼スマートフォンを使い慣れている若者からは、決済が楽でポイントも付くキャンペーンもあり好評だが、高齢者などのスマートフォンを使い慣れていない世代からは不便だという声も▼そんな中、プロ野球チームの東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「楽天生命パーク宮城」では、今シーズンから球場内での買い物を全面的にキャッシュレス化となった。キャッシュレス化に対応しなければ買い物ができない場面も今後、増えてくるかもしれない▼建設業も同様に機械化による技術革新は進むだろう(雛)

みちしるべ

2019-07-23
冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、テレビ、洗濯機・衣類乾燥機の家電4品目をはじめ、使用済み電子機器や金属スクラップの混合物を一般的に指す「雑品スクラップ」。17年まで、年間約150万~200万㌧を中国に輸出してきた▼18年に中国が輸入を禁止したため、行き場をなくした雑品スクラップは国内で循環させなくてはならなくなった。鉄など有用な資源を回収した後に残るプラスチックやゴム、シュレッダーダストも年間約30万㌧排出される▼未解体のスクラップには鉄や銅などの金属、製品の筐体(きょうたい)やケーブルを被覆するプラスチック、鉛やカドミウムなどの有害物質も混在する。国内での選別・分解には人件費がかかる▼20年からは古紙もストップとか。建設業界も排出者としての対応が必要だ。(鴉)
 

みちしるべ

2019-07-22
県や市町村も来年度予算の編成に向けて準備が始まっている。中には地域から毎年提出されている何年越しの要望もある。事業化は簡単ではないが、地域の切実な声が届くか▼通学路の安全対策や防災対策は最優先だが、今の時代、道路の改良をただ要望するだけでは、予算は認められない▼新たな道路を整備するには、その地域が懸命に取り組む観光や教育、農業対策などを支援するためにぜひとも必要な計画でなくてはインパクトがない▼毎年、地元から出てくる公共事業への要望はものすごい数に及ぶ。災害対策や修繕など生活に密着した項目が多く並ぶ。特に高齢化が進む山間地域の集落にとっては、インフラの充実が重要な課題だ。暮らす人が少なくなった地域でも、見逃せない課題は多くある。(鷺)
 

みちしるべ

2019-07-19
第25回参議院議員選挙投票日まで後2日▼今回の選挙は合区制度救済の苦肉の策から産まれた「特定枠」、「非拘束名簿方式」という新しい方式での選挙。巷では、「選挙区は分るが、比例代表選挙は分りにくい」「ややこしい」「特定枠候補との兼ね合いはどうなるのか」などの声が聞かれる。新しい選挙制度は、専門家でもない一般人には、「感覚として理解しにくい」。ここまで戸惑う仕組みで、民意がどこまでどう反映されるのか。また、投票率が上がるのか、疑問符が付く▼合区対象地域での最大の関心事は合区制度が今後どうなるのか。現状の理不尽な合区制度がこのまま、なし崩し的に既成事実となってしまのか。21日の投票日には、「合区解消」の意思を国政に示すためにも、重い1票を投じなければ。(雀)

みちしるべ

2019-07-18
 建設業の労働力不足を解決するためには、生産性の向上が不可欠だ。行政はこの課題に対し、ICTを活用した工事の推進や週休2日工事を実施するなど、業界の改革を進めている▼しかし、ICT工事は、費用面や操作の煩雑性などの問題で、週休2日制の導入は、労働者の賃金などの問題で全面的に普及しているとは言い難い状況▼大手ゼネコンであれば、ゆとりある働き方ができるかもしれないが、地域の建設業者は、このようなゆとりをもつほど甘くない▼ただ、現状を変えていかなければならないのも実情。若い人たちが数年後、建設業を仕事として選んでもらえるかは、どれだけ今の労働環境をよりよくできるかにかかっている。行政と民間が知恵を絞りながら、魅力のある業界にして欲しい。(鴨)

みちしるべ

2019-07-17
マナーの悪さで欧米から批判を浴びた農協ツアーに代表される団体客で全国の観光地が賑わったのは、今は昔。今では、インバウンドと称される訪日外国人客がその主役だ▼ライフスタイルの変化と価値観の多様化で旅行のスタイルも大きく変わった。観て回る観光に変わり、今では、遊び(アクティビティ)を楽しむ体験型旅行が主流だ▼そんな中、今流行しているのが「グランピングリゾート」という新しいキャンプスタイル。バッグ一つで、豪華で快適に滞在しながら自然を満喫する軽装な旅だ▼大山隠岐国立公園の大山ではすでに取り入れられているが、山陰海岸国立公園の拠点となる鳥取砂丘でもこうした動きが具体化しつつある。日本海を眺望できる絶景。そして、自然が織りなす造形美は滞在してこそ味わえる。(鶯)
 

みちしるべ

2019-07-16
新しい技術には常にわくわくさせられる。快適にしてくれる物や安全性を高めてくれる物、効率を良くする物など目的は様々だが、昔は無かった物が今では身の回りにあふれている▼普段何気なく利用している道路でも、新しい技術が開発され、普及が進んでいる。最近では鳥取西道路のセンターラインにワイヤーロープ式防護柵が設置された。これは反対車線へのはみだしを防ぐ安全性を高めるものだ▼今度は鳥取市内の国道で遮熱性舗装の施工が計画されている。舗装表面を塗装することで、赤外線を反射させ路面温度の上昇を抑制するという▼効果が認められれば普及していくだろうし、この技術もさらに進歩していくだろう。「真夏のアスファルトは熱い」が昔の話になる日が来ることを期待したい。(鷹)
 
2024年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休刊日
有限会社日刊建設工業新聞
〒683-0047
鳥取県米子市祇園町2丁目33-13
TEL.0859-32-1771
FAX.0859-39-0421
TOPへ戻る