本文へ移動

重要なお知らせ

モバイル対応電子版のリリースに関して

 日ごろはご愛読ありがとうございます。本紙では6月1日より、有料ホームページのご購読者さまを対象に、モバイル端末に対応した電子版新聞の提供をスタートいたしました。お手持ちのID・パスワードはそのままに、スマートフォンやタブレットからログインいただくことで、いつでも・どこでも最新5日分の新聞がご覧いただけます。
 該当の購読者さまにおかれましては、ご利用のモバイル端末から本ページ右メニューボタンより遷移いただくか、PC画面等に表示したQRコードからログイン手続きをお試しください。
 なお同様のサービスを、紙の新聞到着までに日数を要す、県外の本紙購読者さまにも開放させていただきます。ご案内をお送りしておりますので、不明点等ございましたらお問い合わせください。
日刊 建設工業新聞

【入札予定ガイド】

6月21日(月) ▽国交省境1件▽県教育環境課3件▽県生産振興課1件▽境港市1件▽県水環境保全課1件▽鳥取市1件▽倉吉市11件▽鳥取市水道局6件▽若桜町2件

きょうの紙面

6月 21日(月)

側溝の取り付けを検討している町道松崎線
4路線の設計に着手
湯梨浜町は、4件の道路整備事業の設計を委託した。今後、具体的な損傷カ所の確認や工事費の算定、対策工法などについて検討を進めていく。

和奈見橋補修は土木A
県鳥取県土整備事務所は、県道鷹狩渡一木線・和奈見橋橋梁補修工事を公告する。橋脚1基を対象にした巻き立て補強工が中心になっている。

駅前イオンのEVを改修
米子市は、米子駅前ショッピングセンターのエレベーター改修工事に着手する。エレベーター7基とエスカレーター2基を2023年度までに整備する。

大滝白水線の設計を準備
米子県土整備局は、県道大滝白水線(大坂工区)改良工事「測量設計業務委託」の発注準備を進めている。概算委託費2000万円の土木関係建設コン業務。

6月 18日(金)

「外出自粛」規則緩和を要請 来県者の経費増を懸念 県建設業協会(写真=県建協の川端雄勇副会長ら4人が感染症対策の緩和をあらためて要望=17日、県庁会議室)
鳥取第三幼稚園の改築
学校法人鳥取学園は、鳥取市浜坂3丁目にある鳥取第三幼稚園の改築を計画。田中工業・田中建設JVの施工で近く着工。23年4月に開園。

米子市議会が開会
米子市は、17日に開会した市議会6月定例会で、補正予算案など19議案、報告11件を上程した。補正予算のうち普通建設事業費は6割を占める。

般若ため池を改修発注へ
県中農林局は、倉吉市般若地区にある二つのため池改修事業のうち、般若ため池改修工事を近く発注する。概算工事費は8000万円。

アサヒが最新地盤調査法
アサヒコンサルタントは、地盤構造の推定法として急速に発展している微動探査法を導入。応用地質社製の微動探査器は中国地方の民間企業で初。

6月 17日(木)

見通しが悪い県道鳥取鹿野倉吉線坂本工区(三朝町坂本)
新坂本橋設計に着手
三朝町内を走る県道鳥鹿線の坂本バイパス整備は今年度、坪谷川に架設する新坂本橋の詳細設計に入る。技術提案型は7月に公告。委託費2000万円級。

長寿命化策の設計公告へ
東部農林事務所が古海第2地区農業用水利施設のポンプや管水路の更新に向けて実施設計を発注する。概算委託費は1800万円。

市営住宅で長寿命化計画
倉吉市は市営住宅の長寿命化計画を改訂。今後10年間で6団地の整備を検討しており、PFI手法も取り入れられそう。

来年着工で実施設計に
米子市立福米西小の屋内運動場が改築される。市は来年6月の着工に向けて、まず実施設計に入る。総工費は7億円。

6月 16日(水)

改築が計画されている青谷こども学園
青谷こども学園を改築へ
県は、児童養護施設整備補助事業として県下2施設の整備を助成。青谷こども学園改築事業の改築計画が明らかになった。

坂原歩道橋の設計に
県八頭県土整備事務所は、通学路安全対策事業として県道津山智頭八東線・坂原橋に歩道橋の設置を計画。詳細設計業務を近く発注する。

施設9件の優先順位決定
県社会福祉審議会がこのほど開催され、21年度に社会福祉施設等施設整備事業で計画している福祉施設整備9件の優先順位を決めた。

4橋の耐震補強発注へ
県中部総合事務所県土整備局は、県道倉吉江北線の三明寺橋など4橋の橋梁補強工事を今夏にも発注する。発注総額は約2億円。

6月 15日(火)

大掛かりの舗装補修に入る佐治町内
舗装工事を段階的に
鳥取県土は、鳥取市佐治町内で計画している舗装工事について、3工区に分けて順次公告する。工事費は合わせて1.4億円程度。

NSP設計JVと契約
道の駅「北条公園」の再整備について、北栄町は建築基本設計業務をNSP設計JVと契約を結んだ。22年度に実施設計と工事に取りかかる。

建築はともにこおげJV
八頭町は14日、郡家西小と旧安部小の改修工事を開札した。建築工事はどちらもこおげJVが落札。6月町議会で請負承認を得た後、着工する。

一般会計12億円補正へ
鳥取市議会6月定例会が11日に開会した。一般会計補正予算案は、12億円を補正する。補正内容は、公設市場の再整備費など。

6月 14日(月)

水貫川河川改修事業 排水機場本体工に着工へ 工事費5億円は2社JVで 県土整備部(写真=水貫川排水機場の杭基礎工事を終えた現地=米子市皆生新田)
整備検討委で報告
日野町が2023年度の開校を目指す「日野学園」の設計案が整備検討委に報告された。実施設計を担当する桑本建築設計がおおまかな設計案を示した。

浜坂小増築工が公告
鳥取市は市立浜坂小校舎増築工事を総合評価一般競争入札として公告した。市内A級2~3社で構成するJVが参加要件。入札は7月27日に。

6月補正案23.8億円
米子市は23.8億円の6月補正案を発表した。補正後の一般会計総額は750億円規模となり過去最大級。17日開会の6月定例会に提出する。

啓成小関連2件は月末
米子市の啓成小改築事業のうち、ふれあい棟改築とプール改築が月末にそれぞれ公告される。大型のふれあい棟は市内A級3社JVが対象となりそう。

6月 11日(金)

 日ごろはご愛読ありがとうございます。本紙では誠に勝手ながら、6月10日は新聞制作を休み、6月11日は休刊します。
 なおこの度の休刊は、働き方改革の一環で社員の福利厚生を図るためで、米子・鳥取両本社とも通常業務を一部縮小して営業いたします。無料メールの配信やホームページの更新は行い、また各種問い合わせも承りますので、諸事情ご賢察の上、ご理解を賜りたくお願い申し上げます。
日刊 建設工業新聞
2021年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休刊日
有限会社日刊建設工業新聞
〒683-0047
鳥取県米子市祇園町2丁目33-13
TEL.0859-32-1771
FAX.0859-39-0421
TOPへ戻る